JR山手線

4月 212014
 

神田(カンダ)

地名 : 千代田区神田○○、・内神田(ウチ)、・外神田(ソト)、・西神田(ニシ)、・東神田(ヒガシ)
駅 :   神田駅(JR、東京メトロ銀座線)
神社 : 神田明神
川 :   神田川

神社が所有する田を指す神田(しんでん、かんだ、こうだ、かみだ)に由来する。

神田は神社(しばしば伊勢の神宮)に納める稲を作る田のことで、それがあった場所の地名になっていることも多いそうです。
ということで、この周辺は神社の所有する田のあった地と思いたいのですが、いかがでしょうか。

では、神田周辺にはそんなにたくさんの田んぼがあったのかということに、疑問が残ります。
現在の千代田区には神田の名のつく地名がたくさんありますが、そこが全て田んぼだったかどうかはわかりません。
現在の神田○○の地名ができたのは、1947年(昭和22年)に、かつての神田区と麹町区が合併した千代田区の誕生の際に、神田区の町名には「神田」を冠した町名に変更されたことによります。(一部例外の町名あり。)
こんなに広大な地域が田んぼだったとは考えられないですよね。

そこで気になる存在が、神田明神です。

神田明神は、平安時代の730年(天平2年)、武蔵国豊島郡芝崎(現在の千代田区大手町将軍塚周辺)に創建された大変古い神社です。
のちの1309年(延慶2)に平将門の霊を相殿に祀り、神田神社と名付けられました。

(そんなんです。「神田明神」という名は通称で、正式には「神田神社」正しいそうです。「神田明神」の名前があまりに親しまれているので、あえてそうしているそうです。)

徳川家康が江戸幕府の地と定め、大規模な城下の造成工事を始めることとなり、1616年(元和2)に江戸城の表鬼門に当たる現在の地に移されました。それ以降、歴代将軍の崇敬も篤く、神田明神は江戸の総鎮守として庶民に至るまで人々の崇敬を集めてきました。
今でも、神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内・旧神田市場・築地魚市場など108か町会の総氏神でその影響は広範囲に及ぶそうです。

このような訳で、広く江戸の街に影響を及ぼした神田明神の名が、今でも数多く残る「神田」の地名の元となったと考えてはどうでしょうか。
「神田」は、言葉の起こりとしては、神社の田んぼで正しいと思いますが、東京の神田の由来としては、この地にある神田明神の神田が由来といってもよいのではないでしょうか。
(100%想像です。)

その神田明神ですが、そのホームページで神田明神の「神田」の由来について、話されています。
確かなことはわからないようですが、以下のような説があるそうです。

①神社を創建した真神田氏の名からとり「神田」とし地名の「神田」もここからつけられた。
②ご祭神・平将門命にちなんだ説として、将門公の「からだ」がなまって「神田」、「からだの明神」が「神田明神」となったという説や、将門公の「かため」がなまって「神田」、将門公が片目を射抜かれたという伝説からつけられたものなどがある。
③「神田」を「みとしろ」と読ませ、伊勢の神宮に奉納する初穂を作る神の田んぼ=神田(みとしろ)から名づけられたという説

神田(神田明神)

3月 162013
 

巣鴨(スガモ)

地名 : 豊島区巣鴨、豊島区西巣鴨
駅名 : 巣鴨駅(JR山手線、都営三田線)、西巣鴨駅(都営三田線)

この地は昔、湿地帯で大池が多数あり、多くの鴨が棲み、巣を作っていたことから「巣鴨」となった、という説がありますが、その由来は定かではありません。

 
「巣鴨」の文字から考えれば、鴨の巣があったから、というのは納得の由来となりますが、「スガモ」という名は、

州賀茂、菅面、州鴨、須賀茂、須賀母、州処面

とも書かれていたそうです。
昔の人は言葉の音が同じであれば、違う漢字を当てて書いたということは容易に想像できますが、これはちょっとやりすぎな感じを受けます。

そこで注目するのが「州(洲)」の文字。
かつてこの地はいくつかの川が流れ、大小の池(沼)が点在したことは容易に想像できます。
川が流れていたのですから、州もあったと思われます。
当て字の「州処面(スガモ)」の「州処(スガ)」とは、砂州(サス)※のことをいうそうです。

※砂州=流水によって形成される砂の堆積構造

そして、「面(モ)」という字は、この場合、水面(ミナモ)の面と同じ意味で使われているのではないか。
「面」とは正確には、表面という意味ですが、水面(ミナモ)といえばある程度の広さをもった池や川を想像するのではないでしょうか。

この地も州や池(沼)でできたそれなりの広さのある湿地帯であったとすれば、州を意味する「州処(スガ)」と、この場合は水をイメージさせる「面(モ)」が合わさって、「州処面(スガモ)」となったのではないかと想像します。(ちょっと無理がありますでしょうか?)

要するにその地形からということになりますが、こんな湿地帯であれば、水鳥も多かったでしょうから当然、鴨も巣を作っていたでしょう。
「州処面(スガモ)」なんて、めんどくさい漢字より鴨がいっぱいいるんだから、巣鴨でいいじゃねえか、となったのではないでしょうか。 (筆者の勝手な想像です。)

 
ここまでは、想像でしたが、この他に説をもう1つ。
この地は湿地帯だったので、葦(ヨシ・アシ)といった水辺の植物が茂っていたそうです。
それがスガモの由来という説もあります。

というと、なんのことがわかりません。
この場合、アシ、ヨシではなく、当て字にもあった「菅(スガ)」のことでしょう。
「菅(スガ)」とは、スゲ、カヤ、フジバカマ、アララギ、苫のこというそうで、どれも水辺や土手などに見られる植物です。

それらの植物がよく茂っていたので、菅(スガ)が茂るで、菅茂(スガモ)となったのではないでしょうか。
しかし、それなら「菅茂」の当て字があってもよさそうですが、ないということは、後からのこじつけの可能性があるのかもしれません。

葦(ヨシ・アシ) = イネ科ヨシ属の多年草。
スゲ = カヤツリグサ科の一つの属である植物(詳しくはお調べください。)
カヤ = イネ科の多年草。古くから屋根材や飼肥料などに利用されてきた草本の有用植物の総称、チガヤ、スゲ、ススキなど。
フジバカマ = キク科ヒヨドリバナ属の多年生植物。 アララギ = ノビル、ネギ属の多年草 苫(トマ) = スゲやカヤのこと。

巣鴨 Sugamo 巣鴨 Sugamo / densetsunopanda

1月 232013
 

秋葉原(アキハバラ)

地名 : 台東区秋葉原

駅名 : 秋葉原駅(JR山手線・総武線・京浜東北線、東京メトロ日比谷線、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス)

※駅の住所は千代田区外神田・神田佐久間町になり、地名の秋葉原とは所在が異なります。
ここでは、地名の秋葉原として記載しますが、由来は同じようです。

かつての東京(江戸)は火事の多い街でした。
火事の延焼を防ぐために設けられた空地(火除地・ヒヨケチ)が由来となりました。
(でも、ちょっと複雑)

1869年(明治2年)12月、東京で大火がありました。
大火の被害を憂慮した明治天皇が、火事でできた焼け野原、現在のJR秋葉原駅付近に「鎮火社」を築きました。

人々はこの「「鎮火社」を、江戸時代に火防(ひぶせ)の神として広く信仰を集めていた秋葉大権現(アキハダイゴンゲン)が勧請されたものと誤解、「秋葉様」「秋葉さん」と呼びました。
※秋葉大権現(現在の秋葉山本宮秋葉神社(アキハヤマ ホングウ アキハジンジャ) 静岡県浜松市天竜区春野町領家841)

また明治天皇は、火事でできた焼け野原を火災時の緩衝地帯としたため、人々はこの空地を「秋葉の原」「秋葉っ原」と呼んだことが「秋葉原」の地名に由来します。

このときの鎮火社は、1870年(明治3年)に「秋葉社」となり、1888年(明治21年)に現在の台東区松が谷3-10-7に引越しし、秋葉神社(アキハジンジャ)となりました。
「秋葉社」の引越しは、 この地に駅を建設することが目的で、 この地にできた駅が現在の「秋葉原駅」です。(現在の東北本線の駅だったそうです。)

「台東区秋葉原」の住居表示は、1964年10月1日に「台東区松永町」、「台東区練塀町」から変更されました。

「秋葉」の読み方は「アキハ」と「アキバ」、「秋葉原」の読み方は「アキバハラ」と「アキハバラ」とそれぞれが使われていたようで、正しい東京便は濁って発音するなどと議論がされたようですが、結果として、「アキハバラ」になったようです。なぜそうなったかはよくわかりません。
神社は「アキハ」と読むのが正しいようですが、全国には同じ名の鎮火神社があり、中には「アキバ」と読む神社もあるようです。

勧請(カンジョウ) = 神仏の来臨や神託を祈り願うこと。また、高僧などを懇請して迎えること。
神仏の分身・分霊を他の地に移して祭ること。

 秋葉原の風景 12/17
秋葉原の風景 12/17 / tomoki-takahashi

7月 312012
 

恵比寿(エビス)

地名(渋谷区恵比寿・恵比寿西・恵比寿南)

駅名(「恵比寿」駅:JR山手線・埼京線・新宿湘南ライン・東京メトロ日比谷線)
恵比寿ビール(YEBISU ・ ゑびす ・ ヱビス)の恵比寿から。

明治20年(1887年)に設立されたサッポロビールの前身、日本麦酒醸造会社(後に日本麦酒株式会社)が明治22年(1889年)この地にビール工場を建設しました。

ここで製造されたのが恵比寿ビールです。

明治34年(1901年)にビールの輸送のため貨物専用の「恵比寿停車場」が設置されると付近の都市化と人口の増加が急速に進み、やがて旅客も扱う駅となり、工場周辺を「恵比寿」、駅も「恵比寿」駅と呼ばれるようになりました。

そして昭和3年(1928 年)には、正式に「恵比寿」の地名になりました。

恵比寿
恵比寿 / bluefish812

Get Adobe Flash player