JR京浜東北線

5月 232014
 

大井(オオイ)

地名 : 品川区大井 西大井 東大井 南大井
駅名 : 大井町駅(JR京浜東北線・りんかい線 東急大井町線)、西大井駅(湘南新宿ライン)、大井競馬場前(東京モノレール)


いくつか説があるようですが、はっきりしていません。
光福寺の井戸の説が親しまれているようです。


説としては、以下の通り。

①光福寺(品川区大井6-19-17)は麻布山善福寺の中興の祖である了海上人が誕生した地として有名です。
 了海上人が誕生した際に、泉が湧き出し、その泉の名前を「大井」と呼び、それが「大井」の地名にもなった。

 光福寺 = 品川区大井6-19-17。延暦元年(782年)の創建。

 麻布山善福寺 = 弘法大師が関東一円に真言宗を広めるために、高野山に模して麻布山善福寺を天長元年(824年)開山。都内では金竜山浅草寺につぐ最古の寺院。

 了海上人 = 幸福寺にて誕生。七才で仏門に上り、比叡で顕密二法を修めた俊英の僧で、当時若冠十七才でした。 延応元年(1239年)~元応2年(1320年)

②大井氏によって治められた地であるから。(鎌倉時代初期)
 実はこの地を治めるようになってから大井氏を名乗るようになったそうです。

 大井 実春 = おおい さねはる(生没年未詳)は、平安時代末期、鎌倉時代初期の武蔵国荏原郡大井郷の武将。鎌倉幕府御家人。
        父は紀実直。本姓は紀氏。同族に品河氏がある。通称は兵衛次郎、兵三次郎。

③藺草(いぐさ)が生い茂っていたことから「大藺」の名が起こり、後に大井に転じた。

④深い入江を「大江」と呼び、それが訛ったとする説。

⑤よく肥えた土地で大なる収穫があったため、古代の税収制度の井田制にちなんで、「大井田(だいせいでん)」となり、それを「おおいだ」と読んで「大井」となったという説。


①の光福寺の井戸の説について補足。
 伝説では、了海上人が誕生した際に湧き水が起こり、産湯につかったということで、その後、山号を大井山にした、ということになっています。
 大井の名は、927年(延長5年)に完成した律令の細則(延喜式)に宿駅名としてあるため、この光福寺の説は時間的に無理とされます。
 しかし、とある古書にこの井戸はこの横に大きな穴であったという記述あり、普通に想像する縦に掘られた井戸というより、大きな洞窟のような穴から湧き出る水ではなかったのでしょうか。
 伝承では、横に大きな穴、横井(おうい)が大井になったという説もあるそうです。


 了海上人が産湯につかったのは確かかもしれませんが、井戸自体はもっと古くからありました。
 しかしあまりにも有名になった了海上人をたたえるため、大井の由来も了海上人の功績と語られるようになったのではないか、と仮定したらいかがでしょうか。

大井競馬場

4月 212014
 

神田(カンダ)

地名 : 千代田区神田○○、・内神田(ウチ)、・外神田(ソト)、・西神田(ニシ)、・東神田(ヒガシ)
駅 :   神田駅(JR、東京メトロ銀座線)
神社 : 神田明神
川 :   神田川

神社が所有する田を指す神田(しんでん、かんだ、こうだ、かみだ)に由来する。

神田は神社(しばしば伊勢の神宮)に納める稲を作る田のことで、それがあった場所の地名になっていることも多いそうです。
ということで、この周辺は神社の所有する田のあった地と思いたいのですが、いかがでしょうか。

では、神田周辺にはそんなにたくさんの田んぼがあったのかということに、疑問が残ります。
現在の千代田区には神田の名のつく地名がたくさんありますが、そこが全て田んぼだったかどうかはわかりません。
現在の神田○○の地名ができたのは、1947年(昭和22年)に、かつての神田区と麹町区が合併した千代田区の誕生の際に、神田区の町名には「神田」を冠した町名に変更されたことによります。(一部例外の町名あり。)
こんなに広大な地域が田んぼだったとは考えられないですよね。

そこで気になる存在が、神田明神です。

神田明神は、平安時代の730年(天平2年)、武蔵国豊島郡芝崎(現在の千代田区大手町将軍塚周辺)に創建された大変古い神社です。
のちの1309年(延慶2)に平将門の霊を相殿に祀り、神田神社と名付けられました。

(そんなんです。「神田明神」という名は通称で、正式には「神田神社」正しいそうです。「神田明神」の名前があまりに親しまれているので、あえてそうしているそうです。)

徳川家康が江戸幕府の地と定め、大規模な城下の造成工事を始めることとなり、1616年(元和2)に江戸城の表鬼門に当たる現在の地に移されました。それ以降、歴代将軍の崇敬も篤く、神田明神は江戸の総鎮守として庶民に至るまで人々の崇敬を集めてきました。
今でも、神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内・旧神田市場・築地魚市場など108か町会の総氏神でその影響は広範囲に及ぶそうです。

このような訳で、広く江戸の街に影響を及ぼした神田明神の名が、今でも数多く残る「神田」の地名の元となったと考えてはどうでしょうか。
「神田」は、言葉の起こりとしては、神社の田んぼで正しいと思いますが、東京の神田の由来としては、この地にある神田明神の神田が由来といってもよいのではないでしょうか。
(100%想像です。)

その神田明神ですが、そのホームページで神田明神の「神田」の由来について、話されています。
確かなことはわからないようですが、以下のような説があるそうです。

①神社を創建した真神田氏の名からとり「神田」とし地名の「神田」もここからつけられた。
②ご祭神・平将門命にちなんだ説として、将門公の「からだ」がなまって「神田」、「からだの明神」が「神田明神」となったという説や、将門公の「かため」がなまって「神田」、将門公が片目を射抜かれたという伝説からつけられたものなどがある。
③「神田」を「みとしろ」と読ませ、伊勢の神宮に奉納する初穂を作る神の田んぼ=神田(みとしろ)から名づけられたという説

神田(神田明神)

1月 262013
 

大森(オオモリ)

地名 : 大田区大森北(オオモリキタ)・大森中(オオモリナカ)・大森西(オオモリニシ)・大森東(オオモリヒガシ)・大森本町(オオモリホンチョウ)・大森南(オオモリミナミ)

駅名 : 大森駅(JR京浜東北線)

小学校 : 大森第一・三・四・五小学校、大森東小学校)
中学校 : 大森第一・ニ・三・四・六・七・八・十中学校、大森東中学校

史跡 : 大森貝塚

広大な森があったことから。

1877年(明治10年)モース博士により発掘された大森貝塚からもわかるように、古代から人が暮していました。
古代人が暮していける土地ですので、かつては広大かつ豊かな森があったことが想像されます。

ちなみに、大森貝塚には現在、森貝塚遺跡庭園内にあり、住所は品川区大井6-21-6になります。
(大森駅からは近いですが、大田区大森○○ではありません。)

※モース博士 = エドワード・シルベスター・モース(Edward Sylverster Morse 1838~1925)。アメリカ人の動物学者。1877年(明治10)来日し、大森貝塚を発掘。この発掘は日本で初めての学問的な遺跡の発掘である。日本滞在は2年半でしたが、日本を愛し、アメリカ人の日本理解のため尽力しました。

R0011890
R0011890 / Jon_Huang

7月 242012
 

蒲田(カマタ)

地名(大田区蒲田、蒲田本町、西蒲田、東蒲田、南蒲田)

駅名(「蒲田」駅:JR京浜東北線・東急多摩川線・東急大井町線、「京急蒲田」駅:京浜急行線)

諸説あり。

①湿地に人工的に造った乾燥地(陸地)を蒲地・蒲池(カマチ・ガマチ)といい、それが蒲田(カマタ)になった。
②この一帯が沼地で、泥深い田地を蒲田と呼んだことから。
③「飛び越えたところ」、「沼の中島」ことを意味するアイヌ語の「カマタ」から。
④蒲(ガマ)の茂る湿地、またそこを開墾した泥田、深田から。

 ④が分かりやすい気がしますが、どうでしょうか。

かつては、東京の区として蒲田区がありました。
大森区の「大」と、蒲田の「田」を合わせて、大田区が誕生しました。

Kamata,Tokyo
Kamata,Tokyo / t-miki

7月 092012
 

赤羽(アカバネ)

地名(北区赤羽、北区赤羽北、北区赤羽西、北区赤羽南)
駅名(JR埼京線・JR京浜東北線・JR宇都宮線(東北線)・JR高崎線・JR新宿湘南ライン 「赤羽」駅)

関東平野は富士山の火山灰が堆積してできた関東ローム層という地層からできています。
この地層が荒川の流れにより浸食され、関東ローム層の赤土がむき出しになった地域が赤羽の地域です。

赤羽の「赤」は、赤土の「赤」
赤羽の「羽」は、埴(ハニ)がなまった言葉で、埴は粘土または粘土質の土地を意味します。

すなわち、粘土質の赤土の土地が赤羽の由来、とのことです。

赤羽
赤羽 / yosshi

Get Adobe Flash player