JR中央・総武線

2月 052013
 

高円寺(コウエンジ)

地名 : 杉並区高円寺北(キタ)、高円寺南(ミナミ)
駅名 : 高円寺(JR中央・総武線)、東高円寺(東京メトロ丸ノ内線)、新高円寺(東京メトロ丸ノ内線)

曹洞宗の寺院、宿鳳山高円寺(シュクホウザンコウエンジ 杉並区高円寺南4-18-11 1555年(弘治元年)開山)に由来します。

 ※宿鳳山高円寺 =杉並区高円寺南4-18-11 1555年(弘治元年)開山


この地域はかつて小川があったことから、「小沢村」と呼ばれていたそうです。
江戸時代に徳川三代将軍 徳川家光(1604年~1651年)が、鷹狩りでしばしばこの地を訪れ、宿鳳山高円寺を度々休憩所として利用しました。
そのため、高円寺の名が広まり、小沢村から高円寺村に変更されたそうです。これが現在の「高円寺」の地名の由来となりました。 

高円寺阿波踊り

2月 042013
 

市谷、市ヶ谷、市ケ谷 (イチガヤ)

地名 : 新宿区市谷加賀町(イチガヤカガチョウ)、市谷甲良町(イチガヤコウラチョウ)、市谷砂土原町(イチガヤサドハラチョウ)、市谷左内町(イチガヤサナイチョウ)、市谷鷹匠町(イチガヤタカジョウマチ)、市谷田町(イチガヤタマチ)、市谷台町(イチガヤダイマチ)、市谷長延寺町(イチガヤチョウエンジマチ)、市谷仲之町(イチガヤナカノチョウ)、市谷八幡町(イチガヤハチマンチョウ)、市谷船河原町(イチガヤフナガワラマチ)、市谷本村町(イチガヤホンムラチョウ)、市谷薬王寺町(イチガヤヤクオウジマチ)、市谷柳町(イチガヤヤナギチョウ)、市谷山伏町(イチガヤヤマブシチョウ)

駅名 : 市ヶ谷駅(都営新宿線)
      市ケ谷駅(JR中央・総武線、東京メトロ有楽町線・南北線)

諸説あります。

① かつて市谷孫四郎という人の領地であったから。
  鎌倉時代の文献に「市谷孫四郎の領地」であることが載っているらしいのですが、市谷孫四郎が何者なかがよくわかりませんでした。

② 地形の谷から。
   市谷の近くには「四谷(ヨツヤ)」という地名があるように、この地域で1番の谷だからとか、1番目の谷(一の谷)が市谷になったという説。ニの谷、三の谷は見当たらないのですが。

③ 市谷亀岡八幡宮(東京都新宿区市谷八幡町15)の門前で市が開かれていた「市買(イチガイ)」がなまった。

 市谷という地名は今は存在せず、市谷○○という地名がたくさんあります。(それぞれの由来はまた今度)
 数えてみたら、15もあるようです。地名では「市ヶ谷」の表記はありません。

 駅名のイチガヤは、漢字では、「市ケ谷」の大きい「ケ」がJRと東京メトロ、「市ヶ谷」の小さい「ヶ」が都営線の駅名です。

Ichigaya Station
Ichigaya Station / Dick Thomas Johnson

1月 252013
 

錦糸(キンシ)

地名 : 墨田区錦糸

駅 : 錦糸町駅(キンシチョウ)(JR中央・総武線、東京メトロ半蔵門線)

現在の錦糸町駅の北側にあった堀が錦糸堀と呼ばれたことから。
なぜ錦糸堀と呼ばれたかは不明。

錦糸堀の由来は、諸説ありというより不明というのが正しいのかもしれません。
一説には、「岸堀がなまった」や「この辺りで琴糸を作っていた」とか、「朝日夕日にきらめくお堀の水面が金糸のようだから」などとあります。

岸堀とは堀の岸の意味なのかよくわかりませんし、琴糸が名産ならもっと記録が残っていてもよさそうだし、水面がきらめくのは他のお堀でもいっしょだし、説得力がどれも不足ではないでしょうか。

江戸末期から明治にかけて活躍した歌舞伎作家、河竹黙阿弥の作に「孝女お竹」があります。
この話の舞台の一つが「錦糸堀」であり、「錦糸掘」を記録する唯一の文献だそうです。
そうすると、この作品が元で「錦糸掘」という名が広まったと考えたくなります。

かってな想像なのですが、「錦糸掘」は河竹黙阿弥の全くの創作で、何らかの思惑で、もしかしたら適当に考えられただけなのかもしれません。

1872年(明治5年)、本所錦糸町ができ、1911年(明治44年)、錦糸町の地名になりました。
1915年(大正4年)には、総武線の駅名も錦糸町に改称されました。
その後、1967年(昭和42年)に新住居表示により「錦糸」の地名になりました。駅は今でも錦糸町です。

Read more »
Get Adobe Flash player