門前仲町駅

2月 092013
 

門前仲町(モンゼンナカチョウ)

地名 : 江東区門前仲町
駅名 : 門前仲町駅(東京メトロ東西線、都営大江戸線)

門前町であることから。

寺社の周りに店や住宅ができ、門前町ができます。
門前仲町には、現在は富岡八幡宮(江戸相撲発祥の地)と深川不動尊(成田山新勝寺の別院)とがあり有名ですが、門前仲町の由来はこの二寺院ではなく、この地にかつてあった永代寺がそれになるそうです。

この永代寺は、現在の深川不動尊と深川公園、それから富岡八幡宮の一部を含む大きな敷地を有したお寺で、富岡八幡宮の別当寺だったそうです。

※別当寺  = 寺を管理する寺

(永代寺の創建が1624年(寛永元年)、富岡八幡宮の創建が1627年(寛永4年)ですので、元々あった永代寺が富岡八幡宮の管理寺になったということでしょうjか。)

しかし、永代寺は1868年(明治元年)の神仏分離令で廃止となったそうです。
一度は廃止された永代寺ですが、永代寺の塔頭(タッチュウ)の吉祥院が1896年(明治29年)永代寺の名称を継承し再興されました。

※塔頭(タッチュウ) = 大寺院の敷地内にある小寺院。

地名としては、古くは永代寺門前仲町と呼ばれ、1869年(明治2年)に富岡門前仲町、その後合併や移転を経て、1969年(昭和44年)に「門前仲町」なったそうです。

門前町は納得ですが、「仲町」となったのはなぜでしょう?
そのを説明するものは見つかりませんでしたが、「門前町の中心」という意味なのかなあ。

eidaiji

Get Adobe Flash player