豊島区巣鴨

3月 162013
 

巣鴨(スガモ)

地名 : 豊島区巣鴨、豊島区西巣鴨
駅名 : 巣鴨駅(JR山手線、都営三田線)、西巣鴨駅(都営三田線)

この地は昔、湿地帯で大池が多数あり、多くの鴨が棲み、巣を作っていたことから「巣鴨」となった、という説がありますが、その由来は定かではありません。

 
「巣鴨」の文字から考えれば、鴨の巣があったから、というのは納得の由来となりますが、「スガモ」という名は、

州賀茂、菅面、州鴨、須賀茂、須賀母、州処面

とも書かれていたそうです。
昔の人は言葉の音が同じであれば、違う漢字を当てて書いたということは容易に想像できますが、これはちょっとやりすぎな感じを受けます。

そこで注目するのが「州(洲)」の文字。
かつてこの地はいくつかの川が流れ、大小の池(沼)が点在したことは容易に想像できます。
川が流れていたのですから、州もあったと思われます。
当て字の「州処面(スガモ)」の「州処(スガ)」とは、砂州(サス)※のことをいうそうです。

※砂州=流水によって形成される砂の堆積構造

そして、「面(モ)」という字は、この場合、水面(ミナモ)の面と同じ意味で使われているのではないか。
「面」とは正確には、表面という意味ですが、水面(ミナモ)といえばある程度の広さをもった池や川を想像するのではないでしょうか。

この地も州や池(沼)でできたそれなりの広さのある湿地帯であったとすれば、州を意味する「州処(スガ)」と、この場合は水をイメージさせる「面(モ)」が合わさって、「州処面(スガモ)」となったのではないかと想像します。(ちょっと無理がありますでしょうか?)

要するにその地形からということになりますが、こんな湿地帯であれば、水鳥も多かったでしょうから当然、鴨も巣を作っていたでしょう。
「州処面(スガモ)」なんて、めんどくさい漢字より鴨がいっぱいいるんだから、巣鴨でいいじゃねえか、となったのではないでしょうか。 (筆者の勝手な想像です。)

 
ここまでは、想像でしたが、この他に説をもう1つ。
この地は湿地帯だったので、葦(ヨシ・アシ)といった水辺の植物が茂っていたそうです。
それがスガモの由来という説もあります。

というと、なんのことがわかりません。
この場合、アシ、ヨシではなく、当て字にもあった「菅(スガ)」のことでしょう。
「菅(スガ)」とは、スゲ、カヤ、フジバカマ、アララギ、苫のこというそうで、どれも水辺や土手などに見られる植物です。

それらの植物がよく茂っていたので、菅(スガ)が茂るで、菅茂(スガモ)となったのではないでしょうか。
しかし、それなら「菅茂」の当て字があってもよさそうですが、ないということは、後からのこじつけの可能性があるのかもしれません。

葦(ヨシ・アシ) = イネ科ヨシ属の多年草。
スゲ = カヤツリグサ科の一つの属である植物(詳しくはお調べください。)
カヤ = イネ科の多年草。古くから屋根材や飼肥料などに利用されてきた草本の有用植物の総称、チガヤ、スゲ、ススキなど。
フジバカマ = キク科ヒヨドリバナ属の多年生植物。 アララギ = ノビル、ネギ属の多年草 苫(トマ) = スゲやカヤのこと。

巣鴨 Sugamo 巣鴨 Sugamo / densetsunopanda

Get Adobe Flash player