東西線

4月 202014
 

日本橋(ニホンバシ)

地名 : 中央区日本橋(日本橋○○は又今度)
駅名 : 日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)、東日本橋駅(都営浅草線)、新日本橋駅(JR総武線快速)
橋 : 日本橋
川 : 日本橋川
通り : 日本橋通り

橋の名前の日本橋から。

日本橋 = 中央区を走る中央通(国道1号線)の中央区を流れる日本橋川にかかる橋。

日本橋が架けられたのは徳川家康が幕府を開いた1603年(慶長8年)と伝えられ、江戸の街を造るために諸大名に工事をさせ、江戸城と江戸湾をつなぐために、平川という川を延長し、この川に架けられた橋が後に日本橋となったそうです。

日本橋は、東海道をはじめとする五街道の起点としても有名です。
現在では道路の起点を定める法律はないそうですが、戦前の道路法では、日本橋が道路の起点とする道路元標でした。
そのため、今でも国道1号をはじめ、いつかの国道の起点となっています。
( 国道4・6・14・15・17・20号線)

しかし、なぜその橋が「日本橋」になったかははっきりしないようです。

説としては以下のようなものがあるようです。

① この地から朝日が海上に昇るのが見えたため。

② 「二本の木(丸太)」で造られた橋であったため。

③ 諸大名が作った江戸の街に造られた橋であるから、日本中の人々が造ったという意味で、日本橋になった。

④ 江戸の中心にある橋であり、全国へ街道の起点であったことから。

江戸時代からある名前ですから、江戸が日本の中心となる期待を込めてつけられた名前と考えるのが無難ではないかと思いますが、いかがでしょうか?
日本橋の架かるこの川(平川)もその橋の名前から日本橋川と呼ばれるようになったようです。

日本橋

1月 232013
 

飯田橋(イイダバシ)

地名 : 千代田区飯田橋

橋名 : 飯田橋

駅名 : 飯田橋駅(JR総武線、東京メトロ東西線・有楽町線・南北線、都営大江戸線)

飯田橋という橋の名前から。

1590年(天正18年)、徳川家康(1543~1616)が江戸に入り、現在の飯田橋周辺を視察しました。
このときの案内役が飯田喜兵衛(イイダキヘエ)という住人でした。
家康は視察後、彼を名主に任命し、さらに土地の名前を、喜兵衛にちなんで飯田町(イイダマチ)とするよう命じました。
その後、この界隈は「飯田町」と呼ばれ親しまれました。

しかし、「飯田町」は愛称で正式な町名になったのは、明治維新後の1872年(明治5年)のことです。

1881年(明治14年)、飯田町の北側にある江戸城外堀に橋が架けられました。
この橋は町の名前にちなんで「飯田橋」と命名されました。

現在の「飯田橋」はコンクリート製で1929年(昭和4年)架けかえられたものです。

そして、1966年(諸和41年)に「飯田橋」が町名として採用されました。
かつての「飯田町」の地名は今はありません。

飯田橋外堀方面。
飯田橋外堀方面。 / yoppy

5月 282012
 

落合(オチアイ)

地名(新宿区上落合、新宿区中落合、新宿区下落合、新宿区西落合)
駅名(落合(東京メトロ東西線)、下落合(西武新宿線))


落合は、川と川、道と道が合流している(落ち合う)所。
妙正寺川と神田川が合流する地形から。

P7243286
P7243286 / beve4

Get Adobe Flash player