東神田

4月 212014
 

神田(カンダ)

地名 : 千代田区神田○○、・内神田(ウチ)、・外神田(ソト)、・西神田(ニシ)、・東神田(ヒガシ)
駅 :   神田駅(JR、東京メトロ銀座線)
神社 : 神田明神
川 :   神田川

神社が所有する田を指す神田(しんでん、かんだ、こうだ、かみだ)に由来する。

神田は神社(しばしば伊勢の神宮)に納める稲を作る田のことで、それがあった場所の地名になっていることも多いそうです。
ということで、この周辺は神社の所有する田のあった地と思いたいのですが、いかがでしょうか。

では、神田周辺にはそんなにたくさんの田んぼがあったのかということに、疑問が残ります。
現在の千代田区には神田の名のつく地名がたくさんありますが、そこが全て田んぼだったかどうかはわかりません。
現在の神田○○の地名ができたのは、1947年(昭和22年)に、かつての神田区と麹町区が合併した千代田区の誕生の際に、神田区の町名には「神田」を冠した町名に変更されたことによります。(一部例外の町名あり。)
こんなに広大な地域が田んぼだったとは考えられないですよね。

そこで気になる存在が、神田明神です。

神田明神は、平安時代の730年(天平2年)、武蔵国豊島郡芝崎(現在の千代田区大手町将軍塚周辺)に創建された大変古い神社です。
のちの1309年(延慶2)に平将門の霊を相殿に祀り、神田神社と名付けられました。

(そんなんです。「神田明神」という名は通称で、正式には「神田神社」正しいそうです。「神田明神」の名前があまりに親しまれているので、あえてそうしているそうです。)

徳川家康が江戸幕府の地と定め、大規模な城下の造成工事を始めることとなり、1616年(元和2)に江戸城の表鬼門に当たる現在の地に移されました。それ以降、歴代将軍の崇敬も篤く、神田明神は江戸の総鎮守として庶民に至るまで人々の崇敬を集めてきました。
今でも、神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内・旧神田市場・築地魚市場など108か町会の総氏神でその影響は広範囲に及ぶそうです。

このような訳で、広く江戸の街に影響を及ぼした神田明神の名が、今でも数多く残る「神田」の地名の元となったと考えてはどうでしょうか。
「神田」は、言葉の起こりとしては、神社の田んぼで正しいと思いますが、東京の神田の由来としては、この地にある神田明神の神田が由来といってもよいのではないでしょうか。
(100%想像です。)

その神田明神ですが、そのホームページで神田明神の「神田」の由来について、話されています。
確かなことはわからないようですが、以下のような説があるそうです。

①神社を創建した真神田氏の名からとり「神田」とし地名の「神田」もここからつけられた。
②ご祭神・平将門命にちなんだ説として、将門公の「からだ」がなまって「神田」、「からだの明神」が「神田明神」となったという説や、将門公の「かため」がなまって「神田」、将門公が片目を射抜かれたという伝説からつけられたものなどがある。
③「神田」を「みとしろ」と読ませ、伊勢の神宮に奉納する初穂を作る神の田んぼ=神田(みとしろ)から名づけられたという説

神田(神田明神)

Get Adobe Flash player