東急池上線

6月 042014
 

池上(イケガミ)

地名:大田区池上・仲池上
路線・駅:東急池上線 池上駅
寺院:池上本門寺

諸説ありますが、よくわかりません。


①かつて、この一帯は湿地帯で池が多く、この池に亀が多く住んでいたため「池亀(イケガメ)」と呼ばれていました。これがなまって「池上」。

②かつての洗足池は広大な池であったため、池の周辺の土地であったとか、池の端に位置したことから「池上」となった。
 池が近くにあったらから、「池上」とは意味不明。

洗足池 = 大田区南千束2丁目にある洗足池公園にある池。公園の大部分が洗足池。

③東急池上線に「蓮沼」駅があります。その地域はかつて湿地帯で、蓮が群生する沼(池)でした。その北側(上部)に位置するので「池上」。

④この土地を支配した豪族が池上姓であったことから。

 池上氏にも諸説あるようです。
 i  池上宗仲(いけがみ むねなか、生没年未詳) 鎌倉時代の武士。
 ii 10世紀にこの地を支配した藤原氏が池上姓を名乗ったため。

 残念ながら、池上氏が来る前から池上の地名は存在していたようです。


とある情報によると、現在の「池上」はかつての池上村に由来し、池上村は今の上池台から仲池上あたりになるそうです。
そう考えると重きをなすのが、やはり洗足池。
池は水の溜まった低地であるため、池を囲むように高台が形成されるはずです。
洗足池の周辺の高台を池の上→池上と呼んだとするのは、ごくごく自然なことです。
それで池上村ができた。しかし、かつての池上村は再編成や統合により、場所が本来の場所からずれてしまったため、現在の「池上」から由来を想像しにくくなってしまい、なんとかつじつまを合わせようと諸説ができてしまったと考えては、いかがでしょうか。

由来の真相はこんなところなのかもしれませんが、この辺を指摘する説は見当たりませんでしたので、あくまで想像ということにしておきます。
この地域の代表といえば、池上本門寺、日蓮聖人、洗足池ですから、何とか関係づけようと考えるのも無理からぬことですが。
 

池上本門寺 = 日蓮聖人が今から約七百十数年前の弘安5年(1282年)10月13日辰の刻(午前8時頃)、61歳で入滅(臨終)された霊跡。

日蓮(にちれん)聖人 = 日蓮(にちれん)1222年~ 1282年 鎌倉時代の仏教の僧。鎌倉仏教の宗旨のひとつ日蓮宗(法華宗)の宗祖。

池上(洗足池)

池上の賃貸マンション

7月 132012
 

戸越(トゴシ)

地名(品川区戸越)

駅名(「戸越」駅:都営浅草線、「戸越銀座」駅:東急池上線)

この地は、江戸時代に東海道において、江戸市中との境目にありました。
江戸の境目を越えて行くということで、江戸越えが戸越え(トゴエ)になり、それがなまって戸越(トゴシ)になったそうです。

戸越の「戸」は、江戸ではなく、谷戸(ヤト)とする説もあるそうです。

谷戸=丘陵地が浸食されて形成された谷状の地形である。また、そのような地形を利用した農業とそれに付随する生態系。谷(ヤ、ヤト)、谷津(ヤツ)、谷地(ヤチ)、谷那(ヤナ)などとも呼ばれる。

日本一長い商店街として有名な、戸越銀座商店街は、関東大震災(大正12年・1923年)で被害を受けた銀座から、レンガを譲り受け、水はけの悪かった戸越の大通りに再利用し、このことから銀座という名前も譲り受け「戸越銀座」の名前が誕生しました。(日本初の○○銀座の誕生でした。)

この地域の地形はわかりませんが、水はけの悪い地域だったということは、「谷戸」の説もまんざらではないかもしれません。

R0013362
R0013362 / hirohama

Get Adobe Flash player