東京メトロ有楽町線

2月 042013
 

市谷、市ヶ谷、市ケ谷 (イチガヤ)

地名 : 新宿区市谷加賀町(イチガヤカガチョウ)、市谷甲良町(イチガヤコウラチョウ)、市谷砂土原町(イチガヤサドハラチョウ)、市谷左内町(イチガヤサナイチョウ)、市谷鷹匠町(イチガヤタカジョウマチ)、市谷田町(イチガヤタマチ)、市谷台町(イチガヤダイマチ)、市谷長延寺町(イチガヤチョウエンジマチ)、市谷仲之町(イチガヤナカノチョウ)、市谷八幡町(イチガヤハチマンチョウ)、市谷船河原町(イチガヤフナガワラマチ)、市谷本村町(イチガヤホンムラチョウ)、市谷薬王寺町(イチガヤヤクオウジマチ)、市谷柳町(イチガヤヤナギチョウ)、市谷山伏町(イチガヤヤマブシチョウ)

駅名 : 市ヶ谷駅(都営新宿線)
      市ケ谷駅(JR中央・総武線、東京メトロ有楽町線・南北線)

諸説あります。

① かつて市谷孫四郎という人の領地であったから。
  鎌倉時代の文献に「市谷孫四郎の領地」であることが載っているらしいのですが、市谷孫四郎が何者なかがよくわかりませんでした。

② 地形の谷から。
   市谷の近くには「四谷(ヨツヤ)」という地名があるように、この地域で1番の谷だからとか、1番目の谷(一の谷)が市谷になったという説。ニの谷、三の谷は見当たらないのですが。

③ 市谷亀岡八幡宮(東京都新宿区市谷八幡町15)の門前で市が開かれていた「市買(イチガイ)」がなまった。

 市谷という地名は今は存在せず、市谷○○という地名がたくさんあります。(それぞれの由来はまた今度)
 数えてみたら、15もあるようです。地名では「市ヶ谷」の表記はありません。

 駅名のイチガヤは、漢字では、「市ケ谷」の大きい「ケ」がJRと東京メトロ、「市ヶ谷」の小さい「ヶ」が都営線の駅名です。

Ichigaya Station
Ichigaya Station / Dick Thomas Johnson

5月 302012
 

赤塚(アカツカ)

地名(板橋区赤塚、板橋区赤塚新町)
駅名(下赤塚(東武東上線))
駅名(地下鉄赤塚(東京メトロ有楽町線))

赤塚という塚(墓)があったことによる。

現在の板橋区赤塚八丁目にあるお寺、松月院の門前あたりに古墳時代の円墳(塚)があったとされる。
この塚は、人々に恐れられていたため、人々が近づかず、荒れ果てた。荒れた塚=荒塚がなまり、赤塚になった。

また、荒塚の説として、この円墳(塚)は、江戸時代に成立した『新編武蔵国風土記稿』に「豊島郡荒墓郷荒墓」と記録される。
この「荒墓」が、墓=塚で「荒塚」と呼ばれた。(ウィキペディアより)
ただし、鎌倉時代から室町時代には赤塚郷(アカツカゴウ(アカツカノサト))呼ばれていたそうで、赤塚の成立は江戸時代より古い時代とも推測されます。

他に、関東ローム層の赤土からできた塚なので、赤い塚=赤塚という説もあります。

居並ぶ仏様
居並ぶ仏様 / odysseygate

Get Adobe Flash player