東京メトロ日比谷線

2月 112013
 

六本木(ロッポンギ)

地名 : 港区六本木
駅名 : 六本木駅(東京メトロ日比谷線、都営大江戸線)
      六本木一丁目(東京メトロ南北線)

 
諸説あり、というより不明といのが正しいのかもしれません。
ですが、六本の木が関係していたようです。

①六本の松があったから。(榎という説もあるようです。)

②六人の落武者が逃れてきて、この地にあった五本の榎の元で五人が自害し、一人はさらに逃れて一本松の元で果てた。 五本の榎と一本の松を合わせて、六本木となった。

③江戸時代に大名屋敷がこの地にあり、名前が「木」に関係する大名家が6つあったことから、六本木になった。
 その大名家は、「上杉」、「朽木」、「青木」、「片桐」、「高木」、「一柳」といわれていますが、6大名全てがこの地に屋敷があったという記録はないそうです。

④六方庵という大屋敷があり、その庭に六本の松の木があったため。

いずれもはっきりした記録(資料)がないそうです。

この地はかつては何もないとても寂しい土地だったらしく、徳川二代将軍秀忠夫人(お江?)の葬儀で功績のあった僧侶にこの地が与えられ、お寺を四つ建てた事から門前町ができ、栄えたそうです。
当時の人が昔を偲んで、「この辺は、昔は何にもなく、あると言えば木が六本くらいなものだった。」などと言っていたのが案外、真相だったりして。

※徳川二代将軍 秀忠 = 1597年(天正7年)~1632年(寛永9年)

古くは六本木町という名でしたが、1967年(昭和42年)に「六本木」となりました。  

六本木ヒルズ_01
六本木ヒルズ_01 / Span X

7月 312012
 

恵比寿(エビス)

地名(渋谷区恵比寿・恵比寿西・恵比寿南)

駅名(「恵比寿」駅:JR山手線・埼京線・新宿湘南ライン・東京メトロ日比谷線)
恵比寿ビール(YEBISU ・ ゑびす ・ ヱビス)の恵比寿から。

明治20年(1887年)に設立されたサッポロビールの前身、日本麦酒醸造会社(後に日本麦酒株式会社)が明治22年(1889年)この地にビール工場を建設しました。

ここで製造されたのが恵比寿ビールです。

明治34年(1901年)にビールの輸送のため貨物専用の「恵比寿停車場」が設置されると付近の都市化と人口の増加が急速に進み、やがて旅客も扱う駅となり、工場周辺を「恵比寿」、駅も「恵比寿」駅と呼ばれるようになりました。

そして昭和3年(1928 年)には、正式に「恵比寿」の地名になりました。

恵比寿
恵比寿 / bluefish812

Get Adobe Flash player