東京メトロ半蔵門線

1月 252013
 

錦糸(キンシ)

地名 : 墨田区錦糸

駅 : 錦糸町駅(キンシチョウ)(JR中央・総武線、東京メトロ半蔵門線)

現在の錦糸町駅の北側にあった堀が錦糸堀と呼ばれたことから。
なぜ錦糸堀と呼ばれたかは不明。

錦糸堀の由来は、諸説ありというより不明というのが正しいのかもしれません。
一説には、「岸堀がなまった」や「この辺りで琴糸を作っていた」とか、「朝日夕日にきらめくお堀の水面が金糸のようだから」などとあります。

岸堀とは堀の岸の意味なのかよくわかりませんし、琴糸が名産ならもっと記録が残っていてもよさそうだし、水面がきらめくのは他のお堀でもいっしょだし、説得力がどれも不足ではないでしょうか。

江戸末期から明治にかけて活躍した歌舞伎作家、河竹黙阿弥の作に「孝女お竹」があります。
この話の舞台の一つが「錦糸堀」であり、「錦糸掘」を記録する唯一の文献だそうです。
そうすると、この作品が元で「錦糸掘」という名が広まったと考えたくなります。

かってな想像なのですが、「錦糸掘」は河竹黙阿弥の全くの創作で、何らかの思惑で、もしかしたら適当に考えられただけなのかもしれません。

1872年(明治5年)、本所錦糸町ができ、1911年(明治44年)、錦糸町の地名になりました。
1915年(大正4年)には、総武線の駅名も錦糸町に改称されました。
その後、1967年(昭和42年)に新住居表示により「錦糸」の地名になりました。駅は今でも錦糸町です。

Read more »
7月 182012
 

押上(オシアゲ)

地名(墨田区押上)
駅名(「押上<スカイツリーまえ>」駅:京成線・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線)

何かが押し上げられたらしい。
押し上げられたのは、「潮」か「土」のようである。

今の東京湾は、かなりの範囲が埋め立てられて陸地となっています。
昔は、大小の川が東京湾に流れ込み、また運河が整備され水運が発達した都市でもありました。
このことから、満潮時や高潮の際は、現在の陸地部分にも「潮」が押しよせた(押し上げた)のは、たやすく想像できます。

またこの地域の形成が、潮または河川の力による「土」堆積によるものとする説もあり、河口が陸地になっていく様子から「押上」と呼ばれるようになったという説もあります。
「土」の堆積については、河川の氾濫で土砂が押し上げられたという見方もあります。
おそらく、両方ではないでしょうか。

P5040257
P5040257 / Zengame

Get Adobe Flash player