常葉木

2月 062013
 

常盤台(トキワダイ)

地名 : 板橋区常盤台・南常盤台
駅名 : ときわ台(東武東上線)

「ときわ台」駅南口の天祖神社にある松が常緑樹(常盤木(トキワギ))であることから。

※天祖神社(板橋区南常盤台2-4-3)

1931年(昭和6年)東武鉄道がこの地に駅を開設し、宅地造成を行う際に、天祖神社にお参りしところ、境内に松林があったそうです。
松のような常緑樹を常盤木と呼ぶことから、「武蔵野の常盤木」ということで、駅名を「武蔵常盤」駅に、分譲地を「常盤臺(台)住宅」としたそうです。
駅は1951年(昭和26年)に「ときわ台」となりました。

東京の地名の由来 東京23区辞典 さんを参考にさせていただきました。ありがとうございました。)

そうすると、分譲地の売出し名が地名になったとも考えられますが、ここでは「松」ということにしておきます。

松林口的?景
松林口的?景 / utpala ?

Get Adobe Flash player