墨田区吾妻橋,本所吾妻橋,都営浅草線

5月 282014
 

吾妻橋(アヅマバシ)

地名:墨田区吾妻橋
駅名:本所吾妻橋駅(都営浅草線)
橋名:吾妻橋


隅田川にかかる橋、吾妻橋に由来する。


町人がお金を出し合い幕府に嘆願して許可を得た吾妻橋が隅田川に架けられたのは、1774年(安永3年)のことで、当時、隅田川が大川と呼ばれていたことにちなんで、「大川橋」という名前だったそうです。
ところが、江戸の人々は「あずまばし(あづまばし)」と呼んでいたそうです。

なぜ、「あずまばし(あづまばし)」かというと、

①橋が江戸城の東側にあったので「東(あずま)橋」。
 筆者の想像では、浅草から対岸の東側に行くので、「東(あずま)橋」というのありな気もしますが、どうでしょうか。

②浅草から橋を渡って対岸にある吾嬬(あづま)神社の参道になったことから「吾嬬(あづま)橋」。
 ※「嬬」は「妻」の同義語

 吾嬬神社(墨田区立花1-1-15)


なるほど、となりますが、さらに②の吾嬬神社の起こりがまた興味深い。

古代、日本武尊(ヤマトタケル)の東征の際に相模から上総へ渡ろうとして暴風に遭い、弟橘媛(オトタチバナヒメ・日本武尊の妻)が身を海に投じて暴風を鎮めたことから、日本武尊は当時浮き洲であった当地に上陸できたものの、弟橘媛は行方知れずとなり、弟橘媛の御召物がこの地の磯辺に漂い着いたので、これを築山に納めて吾嬬大権現として崇めたのが始まりだと伝えられます。


この伝承は、他の土地(神奈川県や千葉県)にもみられ、日本武尊(ヤマトタケル)、弟橘媛(オトタチバナヒメ)にちなんだ神社もあるそうです。
しかし、吾が妻(嬬)の神社と呼ばれているのは、吾嬬神社だけのようで、なんだか太古のロマンのようなものを感じます。(おっさんの世迷言でしょうか。)
この伝承にまつわる地名が他にも各地に残されているそうです。

吾妻橋は1876年(明治9年)年に架け替えられ、正式に「吾妻橋」となったそうです。
そして、1966年(昭和41年)の新住居表示により吾妻橋の地名ができたとのことです。

吾妻橋

Get Adobe Flash player