アリアケ

7月 272012
 

有明(アリアケ)

地名(江東区有明)

駅名(「有明」駅・「有明テニスの森」駅:ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線)

有明とは、夜明け、特に月が未だ空にありながら夜が明けること。また、その月のこと。

江東区のホームページでは、

昭和36・7年に10号埋立地の一部を深川有明町(一~五丁目)とし、昭和43年4月1日、住居表示制度実施により現町名となる。 有明とは、「有明の月・有明の灯…」などとも言われ、夜明けに残る月のようすであるが、すがすがしさを感じさせる。

とあり、この地域は埋立地のため、比較的新しい時代にできた地名のようです。
それなら、なぜ「有明」を採用したのか、理由があってもよさそうなものですが、明確な記述は見つけられませんでした。

同じようにこの地域の埋立地には、似た意味の言葉を地名にしていることもあり、すがすがしさや夜明けをイメージして名づけられたものなのかもしれません。

Ariake Junction - 03
Ariake Junction – 03 / Kabacchi

Get Adobe Flash player