2月 102013
 

代官山町(ダイカンヤマチョウ)

地名 : 渋谷区代官山町
駅名 : 代官山(東急東横線)

 
諸説ありますが、由来となる資料がなく、由来は不明とのことです。

①代官屋敷があったから。

②代官(所)の所有地であったから。

③代官が管理する山林であったから。

代官が関わっていたことは間違いないようですが、詳しくは不明です。

1889年(明治22年) 南豊島郡渋谷村大字下渋谷代官山
1909年(明治42年) 豊多摩郡渋谷町大字下渋谷代官山
1928年(昭和3年 ) 豊多摩郡渋谷町大字代官山
1932年(昭和7年 ) 東京市渋谷区代官山町
1970年(昭和45年) 東京都渋谷区代官山町
東京の地名の由来 東京23区辞典 様を参照させていただきました。ありがとうございました。)

 代官山散策
代官山散策 / k14

7月 312012
 

恵比寿(エビス)

地名(渋谷区恵比寿・恵比寿西・恵比寿南)

駅名(「恵比寿」駅:JR山手線・埼京線・新宿湘南ライン・東京メトロ日比谷線)
恵比寿ビール(YEBISU ・ ゑびす ・ ヱビス)の恵比寿から。

明治20年(1887年)に設立されたサッポロビールの前身、日本麦酒醸造会社(後に日本麦酒株式会社)が明治22年(1889年)この地にビール工場を建設しました。

ここで製造されたのが恵比寿ビールです。

明治34年(1901年)にビールの輸送のため貨物専用の「恵比寿停車場」が設置されると付近の都市化と人口の増加が急速に進み、やがて旅客も扱う駅となり、工場周辺を「恵比寿」、駅も「恵比寿」駅と呼ばれるようになりました。

そして昭和3年(1928 年)には、正式に「恵比寿」の地名になりました。

恵比寿
恵比寿 / bluefish812

11月 252011
 

渋谷(シブヤ)

区名(渋谷区)
町名(渋谷区渋谷)
川名(渋谷川)

いくつかの説がありますが、定説はないそうです。

① 土中を掘ると、青い砂や貝が出土するなど、昔、この付近は入江であり、「塩谷の里」と呼ばれていました。(潮谷の里)
  その「塩谷(しおや)」が「渋谷(しぶや)」に変わったとする説。

② 平安時代の終わりごろ、このあたりの領主は河崎重家でした。
   河崎重家は京都の御所に侵入した賊を捕え、この賊の名を渋谷権介盛国といいま した。
   そこで、堀川天皇は、河崎重家に「渋谷」の姓を与えました。
   このことから、重家の領地であった谷盛庄が「渋谷」に変わったとする説。

③ この地を流れる川の水が、鉄分を多く含み、赤さび色の「シブ色」だったため「シブヤ川」(渋谷川)と呼ばれていたとする説。

④ 渋谷川の流域の低地が、しぼんだ谷あいだったからとする説。

昔、この付近は入江であり、「塩谷の里」と呼ばれていました。その「塩谷(しおや)」が「渋谷(しぶや)」に変わったとする説。 平安時代の終わりごろ、このあたりの領主は河崎重家でした。河崎重家は京都の御所に侵入した賊を捕えました。この賊の名を渋谷権介盛国といいま した。そこで、堀川の院は、河崎重家に「渋谷」の姓を与えました。このことから、重家の領地であった谷盛庄が「渋谷」に変わったとする説。 この地を流れる川の水が、鉄分を多く含み、赤さび色の「シブ色」だったため「シブヤ川」と呼ばれていたとする説。 渋谷川の流域の低地が、しぼんだ谷あいだったからとする説。 渋谷区ホームページより http://www.city.shibuya.tokyo.jp/shibuya/profile/uraig.html

Shibuya colorfull girls back
Shibuya colorfull girls back / Retinafunk

渋谷の賃貸マンション

Get Adobe Flash player