6月 042014
 

池上(イケガミ)

地名:大田区池上・仲池上
路線・駅:東急池上線 池上駅
寺院:池上本門寺

諸説ありますが、よくわかりません。


①かつて、この一帯は湿地帯で池が多く、この池に亀が多く住んでいたため「池亀(イケガメ)」と呼ばれていました。これがなまって「池上」。

②かつての洗足池は広大な池であったため、池の周辺の土地であったとか、池の端に位置したことから「池上」となった。
 池が近くにあったらから、「池上」とは意味不明。

洗足池 = 大田区南千束2丁目にある洗足池公園にある池。公園の大部分が洗足池。

③東急池上線に「蓮沼」駅があります。その地域はかつて湿地帯で、蓮が群生する沼(池)でした。その北側(上部)に位置するので「池上」。

④この土地を支配した豪族が池上姓であったことから。

 池上氏にも諸説あるようです。
 i  池上宗仲(いけがみ むねなか、生没年未詳) 鎌倉時代の武士。
 ii 10世紀にこの地を支配した藤原氏が池上姓を名乗ったため。

 残念ながら、池上氏が来る前から池上の地名は存在していたようです。


とある情報によると、現在の「池上」はかつての池上村に由来し、池上村は今の上池台から仲池上あたりになるそうです。
そう考えると重きをなすのが、やはり洗足池。
池は水の溜まった低地であるため、池を囲むように高台が形成されるはずです。
洗足池の周辺の高台を池の上→池上と呼んだとするのは、ごくごく自然なことです。
それで池上村ができた。しかし、かつての池上村は再編成や統合により、場所が本来の場所からずれてしまったため、現在の「池上」から由来を想像しにくくなってしまい、なんとかつじつまを合わせようと諸説ができてしまったと考えては、いかがでしょうか。

由来の真相はこんなところなのかもしれませんが、この辺を指摘する説は見当たりませんでしたので、あくまで想像ということにしておきます。
この地域の代表といえば、池上本門寺、日蓮聖人、洗足池ですから、何とか関係づけようと考えるのも無理からぬことですが。
 

池上本門寺 = 日蓮聖人が今から約七百十数年前の弘安5年(1282年)10月13日辰の刻(午前8時頃)、61歳で入滅(臨終)された霊跡。

日蓮(にちれん)聖人 = 日蓮(にちれん)1222年~ 1282年 鎌倉時代の仏教の僧。鎌倉仏教の宗旨のひとつ日蓮宗(法華宗)の宗祖。

池上(洗足池)

池上の賃貸マンション

1月 262013
 

大森(オオモリ)

地名 : 大田区大森北(オオモリキタ)・大森中(オオモリナカ)・大森西(オオモリニシ)・大森東(オオモリヒガシ)・大森本町(オオモリホンチョウ)・大森南(オオモリミナミ)

駅名 : 大森駅(JR京浜東北線)

小学校 : 大森第一・三・四・五小学校、大森東小学校)
中学校 : 大森第一・ニ・三・四・六・七・八・十中学校、大森東中学校

史跡 : 大森貝塚

広大な森があったことから。

1877年(明治10年)モース博士により発掘された大森貝塚からもわかるように、古代から人が暮していました。
古代人が暮していける土地ですので、かつては広大かつ豊かな森があったことが想像されます。

ちなみに、大森貝塚には現在、森貝塚遺跡庭園内にあり、住所は品川区大井6-21-6になります。
(大森駅からは近いですが、大田区大森○○ではありません。)

※モース博士 = エドワード・シルベスター・モース(Edward Sylverster Morse 1838~1925)。アメリカ人の動物学者。1877年(明治10)来日し、大森貝塚を発掘。この発掘は日本で初めての学問的な遺跡の発掘である。日本滞在は2年半でしたが、日本を愛し、アメリカ人の日本理解のため尽力しました。

R0011890
R0011890 / Jon_Huang

7月 242012
 

蒲田(カマタ)

地名(大田区蒲田、蒲田本町、西蒲田、東蒲田、南蒲田)

駅名(「蒲田」駅:JR京浜東北線・東急多摩川線・東急大井町線、「京急蒲田」駅:京浜急行線)

諸説あり。

①湿地に人工的に造った乾燥地(陸地)を蒲地・蒲池(カマチ・ガマチ)といい、それが蒲田(カマタ)になった。
②この一帯が沼地で、泥深い田地を蒲田と呼んだことから。
③「飛び越えたところ」、「沼の中島」ことを意味するアイヌ語の「カマタ」から。
④蒲(ガマ)の茂る湿地、またそこを開墾した泥田、深田から。

 ④が分かりやすい気がしますが、どうでしょうか。

かつては、東京の区として蒲田区がありました。
大森区の「大」と、蒲田の「田」を合わせて、大田区が誕生しました。

Kamata,Tokyo
Kamata,Tokyo / t-miki

11月 022011
 

大田区(オオタ・ク)

区名

大田区は、昭和22年(1947年)に大森区と蒲田区が合併しできました。
大森の「大」と、蒲田の「田」を合わせて、大田区となりました。

この地は、江戸城を築城した太田道灌(室町時代の武将)の領地であったことから、「太田」から「大田」を連想されるが、由来としては前者が正しいようです。

城南島海浜公園005
城南島海浜公園005 / nakimusi

Get Adobe Flash player