4月 202014
 

日本橋(ニホンバシ)

地名 : 中央区日本橋(日本橋○○は又今度)
駅名 : 日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)、東日本橋駅(都営浅草線)、新日本橋駅(JR総武線快速)
橋 : 日本橋
川 : 日本橋川
通り : 日本橋通り

橋の名前の日本橋から。

日本橋 = 中央区を走る中央通(国道1号線)の中央区を流れる日本橋川にかかる橋。

日本橋が架けられたのは徳川家康が幕府を開いた1603年(慶長8年)と伝えられ、江戸の街を造るために諸大名に工事をさせ、江戸城と江戸湾をつなぐために、平川という川を延長し、この川に架けられた橋が後に日本橋となったそうです。

日本橋は、東海道をはじめとする五街道の起点としても有名です。
現在では道路の起点を定める法律はないそうですが、戦前の道路法では、日本橋が道路の起点とする道路元標でした。
そのため、今でも国道1号をはじめ、いつかの国道の起点となっています。
( 国道4・6・14・15・17・20号線)

しかし、なぜその橋が「日本橋」になったかははっきりしないようです。

説としては以下のようなものがあるようです。

① この地から朝日が海上に昇るのが見えたため。

② 「二本の木(丸太)」で造られた橋であったため。

③ 諸大名が作った江戸の街に造られた橋であるから、日本中の人々が造ったという意味で、日本橋になった。

④ 江戸の中心にある橋であり、全国へ街道の起点であったことから。

江戸時代からある名前ですから、江戸が日本の中心となる期待を込めてつけられた名前と考えるのが無難ではないかと思いますが、いかがでしょうか?
日本橋の架かるこの川(平川)もその橋の名前から日本橋川と呼ばれるようになったようです。

日本橋

1月 202013
 

八重洲(ヤエス)

地名 : 中央区八重洲

通り : 八重洲通り

江戸時代のオランダ人、ヤン・ヨーステンの和名、「耶楊子(ヤヨウス)」に由来する。

ヤン・ヨーステンは、正式には、ヤン・ヨーステン・ファン・ローデンスタイン。
「ヤン・ヨーステン」は名で、姓は「ファン・ローデンスタイン」。

1600年(慶長5年)、オランダ船リーフデ号の航海士であったヤン・ヨーステンは嵐に遭遇して、豊後国(大分県)に漂着しました。
その後、徳川家康に取り立てられ、国際情勢顧問や通訳として活躍し、家康からこの地に屋敷をを与えられました。

ヤン・ヨーステンの和名、「耶楊子(ヤヨウス)」がなまり、八重洲になったとされます。

 

東京都中央区八重洲にあるヤン・ヨーステンとリーフデ号の彫像

10月 262011
 

中央区(チュウオウ・ク)(区名)

ご想像のとおり、東京の中心の意味で中央区と名づけられました。

中央区の地域は、もともと京橋区と日本橋区があり、昭和22年(1947年)に統合され、中央区になったそうです。

Tsukiji Fish Market
Tsukiji Fish Market / dbaron

Get Adobe Flash player