1月 232013
 

秋葉原秋葉原(アキハバラ)

地名 : 台東区秋葉原

駅名 : 秋葉原駅(JR山手線・総武線・京浜東北線、東京メトロ日比谷線、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス)

※駅の住所は千代田区外神田・神田佐久間町になり、地名の秋葉原とは所在が異なります。
ここでは、地名の秋葉原として記載しますが、由来は同じようです。

かつての東京(江戸)は火事の多い街でした。
火事の延焼を防ぐために設けられた空地(火除地・ヒヨケチ)が由来となりました。
(でも、ちょっと複雑)

1869年(明治2年)12月、東京で大火がありました。
大火の被害を憂慮した明治天皇が、火事でできた焼け野原、現在のJR秋葉原駅付近に「鎮火社」を築きました。

人々はこの「「鎮火社」を、江戸時代に火防(ひぶせ)の神として広く信仰を集めていた秋葉大権現(アキハダイゴンゲン)が勧請されたものと誤解、「秋葉様」「秋葉さん」と呼びました。
※秋葉大権現(現在の秋葉山本宮秋葉神社(アキハヤマ ホングウ アキハジンジャ) 静岡県浜松市天竜区春野町領家841)

また明治天皇は、火事でできた焼け野原を火災時の緩衝地帯としたため、人々はこの空地を「秋葉の原」「秋葉っ原」と呼んだことが「秋葉原」の地名に由来します。

このときの鎮火社は、1870年(明治3年)に「秋葉社」となり、1888年(明治21年)に現在の台東区松が谷3-10-7に引越しし、秋葉神社(アキハジンジャ)となりました。
「秋葉社」の引越しは、 この地に駅を建設することが目的で、 この地にできた駅が現在の「秋葉原駅」です。(現在の東北本線の駅だったそうです。)

「台東区秋葉原」の住居表示は、1964年10月1日に「台東区松永町」、「台東区練塀町」から変更されました。

「秋葉」の読み方は「アキハ」と「アキバ」、「秋葉原」の読み方は「アキバハラ」と「アキハバラ」とそれぞれが使われていたようで、正しい東京便は濁って発音するなどと議論がされたようですが、結果として、「アキハバラ」になったようです。なぜそうなったかはよくわかりません。
神社は「アキハ」と読むのが正しいようですが、全国には同じ名の鎮火神社があり、中には「アキバ」と読む神社もあるようです。

勧請(カンジョウ) = 神仏の来臨や神託を祈り願うこと。また、高僧などを懇請して迎えること。
神仏の分身・分霊を他の地に移して祭ること。

 秋葉原の風景 12/17
秋葉原の風景 12/17 / tomoki-takahashi

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

Get Adobe Flash player