12月 222012
 

池袋池袋(イケブクロ)

地名 豊島区池袋
豊島区池袋本町(イケブクロホンチョウ)
豊島区上池袋(カミイケブクロ)
豊島区東池袋(ヒガシイケブクロ)
豊島区南池袋(ミナミイケブクロ)

駅名 池袋駅(JR、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ・丸ノ内線・有楽町線・副都心線)
北池袋駅(東武東上線)
東池袋駅(東京メトロ有楽町線)

学校 池袋小学校、南池袋小学校、池袋第一小学校、池袋第ニ小学校、池袋第三小学校
池袋中学校、西池袋中学校

この地域は、低湿地で湧き水も豊富だったそうです。
そのような地形ですので川や多くの池があったようです。
また「袋」には、「水辺、池川などの水に囲まれた土地、各川の落ち合ったところ」という意味があり、また水が湧き出る「ぶくぶく」にも通じているそうです。

そのため、地形の特徴である「池」と水に関する意の「袋」が合わさって、池袋になったものと思われます。

「池袋」は古くは戦国時代からその名が見られ、江戸時代の池袋村からきています。

現在の池袋西口の近く、ホテルメトロポリタンの一帯に、かつては「丸池」と呼ばれる池があったそうです。
この池が袋型をしていたという説、「袋池」と呼ばれていたとする説があり、この池が池袋の地名の発祥となったとする説もあります。
「丸池」は今はありませんが、その跡地が元池袋公園にありました。その元池袋公園も今はなく、丸池を偲んで、隣接地に元池袋史跡公園(豊島区西池袋1-9-2(メトロポリタンの北側))が造られました。

しかし、この「丸池」に由来する説を否定する説もあるようです。

筆者は昔、「池袋はかつて湿地帯で、ふくろうが多く生息していたことから、池・ふくろうが転じて池袋になった。」という話を聞いたことがあります。
調べてみると、そのような説はありませんでしたが、由来としては思わず納得しそうな話ではないでしょうか。

単なる偶然だと思いますが、豊島区には郷土玩具として、「すすきみみずく」なるものがあります。
秋の植物のススキの穂で作ったミミズクの人形なのですが、ミミズクといえば、そうですフクロウのことです。
あながち、池袋のふくろはフクロウだったりなんかして、っと思いたくなります。

ちなにみに、「すすきみみずく」は池袋駅から南東の方角にある雑司ヶ谷の鬼子母神で売られているそうです。
また、その由来というのがよい話で、昔、貧しくて病気の母の薬が買えず、娘が鬼子母神に祈ったところ、夢に鬼子母神が現れて「ススキの穂でミミズクを作り、それを売って薬を買いなさい。」とのお告げを受け、その通りにしたところ、飛ぶように売れ、母の薬を買うことができたという、伝説があるそうです。

ついでながら、ミミズクとは頭の部分の羽毛が耳のような形になっているフクロウのことだそうです。
そのフクロウですが、「膨らむ鳥」が転じて、フクロウという名前になりました。
「袋」という言葉は、元は「膨らむ」からくる言葉だそうですから、やっぱりここでもフクロウがつながった!?

Southern white faced scops owl
Southern white faced scops owl / Takashi(aes256)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

Get Adobe Flash player